札幌東宝プラザ タイムテーブル

長い長い間ご来場頂き、ありがとうございました!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法にかけられて

3月14日(金)から『魔法にかけられて』の上映です!

おとぎの世界から、実写で描かれる現代のNYへ!

アニメの世界に存在する夢と魔法の国“アンダレーシア” その森の奥深くにジゼルという、一人の美しい娘がいた。ジゼルが夢にまで見たエドワード王子との結婚式の日、邪悪な女王ナリッサに騙されたジゼルは、世にも恐ろしい世界へと追放されてしまう。たどりついたのは、おとぎの国とは正反対の街、ニューヨークのマンハッタンのど真ん中、タイムズスクエアだった!
見た目は生身の女性に変わったものの、ジゼルの優雅でマイペースなお嬢様キャラは大都会では浮きまくり・・・。
お得意の魔法は封じられ、手助けしてくれる動物のお友達もいない。ファンタジー界のお約束がことごとく通用せず、途方にくれるジゼルが出会うのは、バツイチで子持ちの離婚弁護士ロバート。超現実的な性格で自分の恋愛ですらクールな態度をとり続けるロバートに対しジゼルは永遠の愛のすばらしさを伝えようとするのだが・・・。
やがて彼女を追ってやってきたハイ・テンションな自分大好き王子やおせっかいのシマリスのヒップ、毒りんごを持った魔女など、アンダレーシアの住人たちが次々と現れ、ニューヨークは大パニック!
果たしてジゼルは魔女の呪いを解き、永遠の幸せを手に入れる事が出来るのだろうか??


先週8日と9日に先行上映が行われたので、もうご覧になった方もいるでしょうね。
作品が吹き替え版という事で子供向け?と思われるかと思いますが、そんな事はないですよ~。
とにかく笑わせてくれます!優雅でどこでも歌を歌っちゃうマイペースなジゼル、ハイ・テンションなタイツ王子。おとぎの国では許されますが、ここはニューヨーク。常に渋滞、人もたくさん。そんな中にドレスを着た人にタイツ男、どう考えてもありえない!
でもこれがありえるんですね~。
アニメといえばディズニー。パイレーツオブカリビアン、ナルニアといえばディズニー。そう、ディズニーはアニメも実写も作ってる!それがひとつの作品になったのが『魔法にかけられて』です!

ジゼルを演じるのはエイミー・アダムス。先月のアカデミー賞で劇中の得意!?の歌を披露してくれましたね。年齢はまずまずですが、トム・ハンクスとジュリア・ロバーツとの共演作品が待ってます。
離婚弁護士のロバートに、アメリカTVドラマグレイト・アナトミーのシェパード先生ことパトリック・デンプシー、ハイ・テンションタイツ王子にX-MENでサイクロップス役のジェームス・マースデン。邪悪な女王にはアカデミー女優のスーザン・サランドン。

この作品にはディズニー作品のセルフ・パロディーや引用が多数あります!
お城に向かう白い馬車、動物たちによって作られたと想像されるジゼルのドレスの設定は『シンデレラ』。『白雪姫』『シンデレラ』などのダンスシーンの星空があったように、劇中のダンスシーンもこれらの作品のオマージュを捧げています。わかるかぎり13のコネタがあります。みなさんわかりますかね??

ディズニー好きもそうじゃない人も楽しめる作品です!ぜひご覧になってみて下さいね!

13日までに前売り券を買うと、りんごストラップがもらえまぁす!
スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。