札幌東宝プラザ タイムテーブル

長い長い間ご来場頂き、ありがとうございました!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆アマルフィ☆

ついに明日から『アマルフィ』が始まりますよ~。
テレビでも毎日宣伝しちゃってますね~。
今日なんてテレフォンショッキングに出てましたぁ。
もう少しくだけた話になるのかなぁと思ったけど、おもいっきり映画の話でしたね。

どうも織田さんと言うと、『キターーーー』しか思いださないんだけど・・・。
あと世界陸上??
だめだめ、それじゃいけない!
まじめに織田さん話をしないといけない!!

織田 裕二 1967年12月13日 神奈川県横浜市生まれ。身長177cm、体重70kg。

他の説明はいりませんね。
あまり普段の姿を見た事や聞いた事がないので、いろんな噂も数多く。
何が本当かわかりませんが、役者としてだけ見れば十分な経歴を持ってますね。
すーさんもちゃんとチェックしてますよ。最近なら去年の夏にやってたドラマかなぁ。
突然、総理の辞任でドラマが中断してびっくりしたけど。そして総理の発言も。
あっ、椿三十郎観てないです。

内容です。
フジテレビ開局50周年記念作品として邦画初となるオールイタリアロケが敢行されたサスペンス・エンタテインメント。「ホワイトアウト」の人気作家・真保裕一が企画の段階から参加し、織田裕二主演となる本作の原作を書き下ろした。日本人少女の失踪に端を発した謎の犯人グループによるイタリア大規模連鎖テロの真相を追い、少女誘拐事件の解決へ奔走する日本人外交官の姿を、アマルフィ海岸はじめ世界遺産ともなっているイタリアを代表する名所、景勝地を舞台に壮大なスケールで描く。監督は「県庁の星」「容疑者Xの献身」の西谷弘。

 イタリアで予告されたテロから日本人を守るため、外交官・黒田康作がクリスマス目前のローマに派遣された。だが、ほどなくして、ひとりの日本人少女が失踪する。彼女は、亡き夫との思い出の地であるイタリアを訪れた旅行者・矢上紗江子の愛娘だった。そして、この誘拐事件の通訳担当となった黒田は、紗江子へ掛かってきた犯人からの電話を受けたことで、彼女の“偽りの夫”として事件に巻き込まれていくことに。しかし、警察の介入を犯人に見破られるなどして事件の解決は遠のくばかり。さらに独断で事件の調査を進めるものの、外交官には捜査権限がないためイタリア当局から越権行為と指摘され、大使館内でも孤立する黒田。やがて、誘拐事件は連鎖テロへ発展し、イタリア全土に広がっていく。こうして犯人グループの思うがまま捜査が混迷を極める中、黒田は事件の鍵がイタリア南部の港町・アマルフィにあることを突き止めるのだが…。

すーさんは観ていませんが、観た人の感想は結構高いです。なので間違いないでしょう!

さてさてアマルフィ。すーさんはこの場所を今回始めて知りましたよ。
普通に英語だと思ってたんだけど、イタリアの文化遺産でした。
ずいぶんと歴史のある街のようで、昔はアマルフィ公国だったそうです。
世界で最も美しい海岸と言われるくらいキレイな場所なんだそうです。
場所はローマから少し南にあるカンパニア州にありますよ。
イタリアは沢山の世界遺産がありますが、ほとんどは文化遺産。
アマルフィも文化遺産です。海岸にならぶ町並みでしょうかね。
唯一の自然遺産が、ドロミーティとエオリア諸島。ともに2000年以降に認定された世界遺産です。
そう考えると富士山も早く世界遺産にならないかなぁなんて。

話がそれていますが、アマルフィの美しさを見ながらの映画鑑賞もいかがでしょ~。

近々観たら必ず報告&感想をお伝えします!




スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。