札幌東宝プラザ タイムテーブル

長い長い間ご来場頂き、ありがとうございました!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂

今日から『プリンス・オブ・ペルシャ』が公開で~す!
どうもまだ金曜日の初日が馴染まないすーさんです。
まずまず簡単にあらすじです。

ジェリー・ブラッカイマー製作で放つ古代ペルシャ舞台のアクション・アドベンチャー。父王殺しの濡れ衣を着せられた王子が、その真相を解く鍵となる“時間の砂”を求め繰り広げる未知の冒険を壮大なスケールでファンタジックに描き出す。主演は「ブロークバック・マウンテン」のジェイク・ギレンホール。共演は「007/慰めの報酬」のジェマ・アータートン、オスカー俳優ベン・キングズレー。監督は「フォー・ウェディング」のマイク・ニューウェル。
 史上空前の繁栄を極める古代ペルシャ。親のないスラムの少年ダスタンは、友人を救うための勇気ある行動が王の目に止まり、養子として王宮へ迎え入れられる。それから15年、第3王子として“ペルシャのライオン”と異名をとるほどの勇者に成長したダスタン。彼は兄や叔父ニザムと共に聖なる都アラムートを征服、ある1本の短剣を戦利品として手に入れる。しかし、父王に贈ったアラムートの法衣に毒が塗られていたことから王が絶命、暗殺の容疑者となってしまう。そんな中、捕虜の身に甘んじていたアラムートの姫タミーナが彼の逃走を助ける。実は彼女の目的はダスタンの短剣にあった。それは、時を戻し、過去を変え、世界をも支配する強大な力を得ることができる伝説の“時間の砂”を操る唯一無二の代物だったのだ。また彼女は、“時間の砂”を邪悪な者から守る一族継承の使命を担っていた。こうして、ペルシャ帝国軍と闇の暗殺者集団ハッサンシンに追われることとなったダスタンとタミーナは、父王殺しの真犯人と“時間の砂”を求め、過酷な冒険に旅立つのだが…。

このチラシを見た時に、「ジェイクがアクション!?!?」と思ってしまったよ。どうもドラマの人ってイメージが。。。
ジャーヘッドもドラマだよね~。
いまいち内容を知らないまま観てみたところ…。
『☆3つ!』すーさんは大好きです。
まずまず、ノンストップなアクションに意外と内容が濃い!!まんまとすーさんはだまされた人かな?
だます、だまされないって内容ではないんだけど、最後まで悪人が誰かがわからずに観てました。。。
最近映画を観ていないすーさんだから、満足しちゃうのかなぁとも思うんだけど…。
それにちょっとコミカルな部分もあって、お客様からも笑いがあがるほど…。
製作はジェリー・ブラッカイマー、アクションなら任せない!ですもんね。
何よりジェイクのバディーがすごい!あれはアクションしなかったらもったいない!!
決して2枚目ではないジェイクだけど、あのバディーならイチコロです。
最近はとってもキレイな女優さんも沢山出てきてますよね。
この作品にもアムートの姫タミーナ役でジェマ・アータートンさんが主演していますが、とってもきれいな方。
どうやら『007/慰めの報酬』に出ていたそうです。最近この作品を観ましたが、同じ人だとは思わなかった…。
この神秘的な役にぴったり!!

またいまいち内容をお伝え出来ていませんが、よく出来た作品です。
都合の良い時にご覧になって下さいね。
3Dで観たかったなぁ~。
スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。